SQ(エスキュー)値ってなに?|Special Quotation

2022-03-08

株価やオプションで時々聞くSQ、MSQって何でしょうか?

この記事ではSQ,MSQの解説と注意点について書いています。

SQ/特別清算指数 (エスキュー/とくべつせいさんしすう)

SQとは精算価格です

SQ(特別清算指数)とはSpecial Quotationの略で、日経225先物やTOPIX先物などの株価指数先物、また株価指数のオプション取引などを、最終的な決済期日で決済するための清算価格(指数)のことです。機関投資家の大量のポジションを精算するために(普通に場中でやるとポジションサイズが大きすぎて値段そのものが崩れてしまい機関投資家が損したり、売買が成立しない恐れがある)導入されています。

各限月の第2金曜日がSQ算出日(SQ日)となり、指数構成銘柄の始値で計算された値がSQ(SQ値)となります。また、3、6、9、12月の株価指数先物とオプション取引のSQがメジャーSQ(MSQ)で、それ以外の月のオプション取引のSQがミニSQと呼ばれることもあります。

SQ値は朝の寄り付きの値で決まるので、SQ算出日の朝の気配はおかしなことになっているのはそのせいです。ストップ高やストップ安の銘柄などがあると寄りつくまでなかなかSQ値が発表されず幻のSQ値となることもあります。

SQ値の算出方法は?

SQ決済日における各指標の構成銘柄の始値から算出されます。一方、各指標の始値(日経平均株価等)は、構成銘柄の始値だけではなく、寄付時点での気配値段を用いて計算することがあります。そのため、「SQ値」と「各指標の始値」は、必ずしも一致しません。

とあります。金曜日の朝に気配がおかしいやつは、SQ気配になっているのです。

SQ週は要注意

SQ週は注意

上述のようにSQ値は機関投資家のポジション精算に重要です。様々な投資家の思惑があるため、SQ週は各社の狙いや仕掛けが入り株価などが乱高下します。日中、夜間、アメリカ市場が開いている時間なども含めて上に下に値幅がでることがあります。

金曜日朝の値でSQは決まるので、前日の木曜日、さらに2日前の水曜日に大きな変動を伴うことが多く魔木、魔水などと言われることがあります。はじめの頃はSQ週はポジションを大きく持たない方がオススメです。

私はSQクソムーブと読んでいます

SQ持ち込みのリスク

SQ値は精算に使うので重要ということでした。個人投資家の皆さんも同じSQ値を用いて精算します。一見、問題ないように思いますが

いくつかSQ持ち込みのリスクがあります。

SQ持ち込みというのは、最終売買日までに建玉を処分せずに持ち込むことをいいます。

強制清算となること

相場の動きもあてているのに、幻のSQ値によって思わぬ損失になることも

幻のSQリスクは結構無視できません。どういうことかというとSQ値だけ、相場と異なり非常に高かったり低かったりする値がでることがあります。通常1日の値幅で700円程度変動することは極めて稀ですが、幻のSQ値がでてくると思わぬ値幅によってショートポジションなどが被弾することがあります。逆に買いポジションがヒットすることもあるので面白いところでもあります。

というわけで、SQ値でソワソワしたくない方はSQ持ち込みはしない方がオススメです。



-トレード, 市況