楽天グループが公募増資3000億円規模の報で希釈化懸念

本ページはプロモーションが含まれています

楽天グループが3000億円規模の公募増資の調整をしているという報が流れて、希釈化懸念で売られて下落しています。

楽天グループは携帯電話事業の投資がずっと続いており、また赤字が続いています。

社債の発行も携帯電話事業の投資であることが報じられています。

一方で、KDDIとの提携による最強プランが登場して、巻き返しが期待されています。

楽天モバイルの新プラン登場!最強プランの内容をレビュー

12日に発表した2023年1─3月期決算では825億円の最終赤字を計上しています。

今後、携帯電話事業が黒字化するかどうか注目です。

  • この記事を書いた人

drーharv

こんにちは、Dr. Harv です。専門医としてのキャリアを積む一方で、資産運用、副業、ポイ活にも取り組んでいます。 このブログ「dr-harv.com」では、日々の日常、投資の知見、趣味など幅広いトピックを扱っています。より良い未来につながることをコンセプトにしています。読者の皆様にとって何か役立つ情報を提供できれば幸甚です。

-市況