アビガンの新型コルナウイルス感染症への治療開発が中止になった

富士フィルム富山化学の抗インフルエンザ薬「アビガン」について

新型コロナウイルス感染症への治療開発を中止すると発表されました。

アビガンは有効性を示すデータが不十分な段階で、政府が承認の可能性に言及するなど、異例の対応がとられていたことはご存じの通りです。

今後も他の疾患など含めて、緊急時には同様の議論がおこりますが、どの程度の効果で承認するかは議論の余地がありますね。

今回は特定臨床研究の結果をもとに承認できる可能性があるという異例の対応がとられていました。んー、でもハッキリと効果があれば前倒しになるのは皆納得したことでしょうから、微妙な効果だったということなんですね。それだけ、治療開発のハードルは高いということだなあと改めて感じました。

-医師生活