医師キャリア

私生活の乱れは仕事に影響する

2022-05-25

若い時の医師の生活だが、当直が月に数回あるのが普通です。

当然当直中は仕事してますので、その時にお付き合いしている相手とは会えません。

医師同士、看護師さんとつきあったりするとお互い当直や夜勤でタイミング会わないことも

別に仕事なのであたりまえなのですが、燃え上がる感情を抑えることができなかったりでイライラすることも。まあ、寂しいです。

また独身の時、多忙でこのままずっと独身だとどうしようと漠然と不安になることもあります。

医者、医師の出会いについての記事はこちらです

>> 医者、医師の出会いについて

会いたいのに会えない

プライベートのストレスや悩みは仕事に影響することも

寂しいぐらいならまだ良いのですが、ケンカしたり、上手くいかなかったり、別れたりと精神状態が穏やかで無い状態で

ストレスのかかる医療行為を行うことは時に影響することもありません。プロとしてあってはならないと思いますが、

そこも人間ですので絶対ではありません。仕事に影響がでてきたときは対策が必要です。

仕事の量を減らしたり負担を減らす

時間をかけないと良くならないことってあると思うんです。そのため、やらなくて良いことを先延ばしする、誰か他の人に任せる、責任のある仕事については周囲と良く相談するなど状況に応じて使い分け、組み合わせが良いと思います。

誰かに話を聞いてもらう

友達や周囲の人に悩みを相談するのもオススメです。ココナラ電話占いなら24時間いつでも相談できます。




代行サービスを使って時間を作る

時間って無限にありそうに感じることもありますが、有限。おまけに毎日のタスクもあってなかなか思うように行かないと思います。

ああ、この仕事や家事 誰かにやってもらえないかな?と思うこともあるでしょう。

代行サービスを利用することで部屋を綺麗に保ったり、料理を作ってもらえたりしてもらえます。その家事に使うはずだった時間やエネルギーを他の行動にまわすことで気力もわいてきます。

>> 時間を作るために家事代行サービスも検討してみる

-医師キャリア