医師キャリア

女医の3分の1の法則、離婚率について

2022-06-24

才女の代名詞でもある女医ですが、こと結婚や離婚には様々な噂があります。

この記事では女医の離婚率、婚活事情についてお知らせします。

女医の3分の1の法則とは

女医の3分の1の法則という言葉があります。

この法則は、女医の1/3は生涯未婚、1/3は結婚後の離婚、1/3は結婚生活を続けている

というものです。

平均的な離婚率は30%前後、女医の離婚率は50%ともいわれています。

また、女医の未婚率は約50%ともいわれているデータも存在するようです。

ちょっと平均より高いなと思うかもしれません。今回は背景を紹介しようと思います。


女医の離婚率が高い理由

女医の離婚率が高い理由は?
女医の離婚率が高い理由は?
  • 経済的に自立している
  • 結婚相手はほとんど男性医師なので浮気などがある
  • 医師の仕事が激務で結婚生活を維持できない

女性医師は優秀です。男性医師より重宝される傾向にあります。

ただ、いくら優秀でも出産、子育てに加えて、研究活動などが加わると時間的制約が加わり、優秀でもキャリアをあきらめる方は相当数いると思われます。

夜勤、休日も仕事が入ることもあるので、お互いに医師となるとすれ違い。週末お互い仕事などといった事態も起こりえます。

男性医師側も女性の方が優秀なので妻への激しい嫉妬→モラハラ

男性医師側の浮気などはよくある問題です。この場合は、女医側に問題は無いわけですが。。

女性医師はパートナーと関係を対等に行おうと考える方も多く、男性医師側とよく意見が割れているのも見聞きします。

金銭的にも自立しているため、なにか問題が生じるとお互いに離婚となるケース、決断が早い印象です。

女医はモテない?

女医さんは誰もがうらやむハイスペック女子。モテないはずがありません。

出会いがないからというのが正しいと思います。病院の激務、当直の合間で病院外で出会いを探すというのはかなり大変な作業です。

そこで、

マッチングアプリ、結婚相談所を利用する先生も多いです。

モテないというよりは、忙しかったりで付き合っても続かないという人も多いのが実態に思います。

私も女医さんと昔お付き合いしたことありますが、見事なすれ違いっぷりで上手くいきませんでした(涙)

ATM医コンピ問題

現状の日本のシステムが抱える問題です。

ATM医問題はこちらの記事も参考いただければ幸いです。

コンピの問題を考慮すると女医の相手はやはり男性医師か、同じぐらいの給与の相手の方が安全です。

結婚生活の維持には代行サービスの利用もお勧め

家事の負担は代行サービスで負担軽減できる。女子力とされるものは今の時代アウトソーシングが可能です。また、時間の節約になります。

最近では様々なサービスが利用可能です。

出会いの場としてアプリやサービスも利用できる

結婚をとりまく問題はいろいろありますが、幸せを掴んでいる人も多いです。

多忙な生活の中出会いを求める方法としては

マッチングアプリ、結婚相談所があります。

マッチングアプリについてはこちらの記事にまとめています。

結婚相談所は相手も結婚を前提に考えていること、専任カウンセラーがサポートしてくれます

お付き合いするまで、成婚までが不安なかたにはオススメです。また結婚相談所での成婚率が高いことはサポートの裏付けがあるからといえます。結婚相談所を紹介します。

銀座マリッジシックス

東証一部上場の日本結婚相談所連盟IBJ(アイビージェー)正規加盟店の結婚相談所「銀座マリッジシックス」は、

スマートフォンやパソコンを使って、約74934名(2021年11月)が登録するデータベースから理想のお相手を検索し、申し込めます。お見合いは、対面だけでなくオンラインも可能です。


入会時に身分証明書、独身証明書、年収証明といった各種書類提出が必須

そのため、プロフィールに嘘はありませんので安心して婚活できます。マッチングアプリと比較するとかなり安全度は高いと言えます。

また、専任カウンセラーによるサポートが受けられます。

入会前カウンセリング、プロフィール作成、写真撮影、お相手選び、お見合い、交際、定期カウンセリング、成婚までの一連の手厚いサポートがあるのは結婚相談所だけです。

女医プレミアム

女医プレミアムは忙しい毎日を送る女性医師と男性エリートの為に、

お相手を毎月6名(2名×3回)ご紹介する結婚情報サービスです。

女性医師に限定した結婚情報サービスとなっており、男性はエリートに限定(経営者・弁護士・会計士・税理士・上場企業・医師・歯科医師・大企業・外資企業・公務員・年収800万円以上)

登録時確認となっているので、安心してサービスの利用ができます。

-医師キャリア