ChatGPTの日本語での使い方

ChatGPTは英語がメインのサービスですが、日本語でも問題なく利用できます。

今回の記事では、ChatGPTの日本語での使い方を紹介します。

ChatGPTは、OpenAIが開発したGPT-3という大規模な言語モデルを組み込んだチャットアプリケーションです。

日本語や英語の文章を入力として受取り、人間が生成するような自然な文章を生成するように学習されています。

言語設定は無し

言語設定などはありません。というのも、入力言語を認識して、回答してくれます。

というわけで、日本語で使用したい場合は日本語で質問をすればOKです。

前後で他の言語を使用していると他の言語で回答されることがありますが、その場合は

回答を日本語でお願いします。 と質問の最後に加えて下さい。これでOKです。

Google Chromeの翻訳機能も使える

Google Chromeを使用している方は、ChatGPTのメニュー画面などを日本語にしたい場合は

Chromeno翻訳機能を使うことで日本語表示を行うことができます。

AIスキルを身につける

データサイエンス、機械学習などAIを扱うことができる人材は日増しに需要を増しています。

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
テックアカデミーは現役エンジニアから学ぶことができるオンライン特化のプログラミングスクールです。

自宅でプログラミング、データサイエンス、AIコースなどがありスキルを習得することができます。

無料体験の申し込みがありますので検討されてみてはいかがでしょうか?



  • この記事を書いた人

drーharv

マイペース勤務医。コロナ禍で今までのキャリアパスも通用しなくなっており稼ぐ手段を模索。様々な運用、副業などを試しています。医師生活、子育て、趣味などについても書き連ねています。何か参考になるものがありましたら幸甚です。

-ツール