EPSファイルをInkscapeで読む方法【無料だけど要設定】

InkscapeはAdobe Illustratorの無料互換といってもいいベクター画像を作成・編集できるソフトウェアです。

様々なファイル形式のインポート、エクスポートに対応しています。

ですが、初期状態ではEPSファイルを開くことができません。

EPSファイルを開くにはGhostscriptをインストールする必要があります

インストール後に設定が必要なので本記事で解説します。

InkscapeとGhostscriptをインストール

まずInkscapeとGhostscriptをインストールします。

Ghostscriptのパスを通す

InkscapeからGhostscriptを利用できるように設定します

[コントロールパネル]→[システム]→[システムの詳細設定]で表示される環境変数ボタンで設定します。

[新規]ボタンをクリックし、変数名「GS_PATH」(名称は重複しなければ何でも良い)、変数値はGhostscriptのライブラリがある階層を指定します。

インストール先はデフォルトだと以下になります。GhostscriptのVerで10.00.0の数字が変わるので注意して下さい。

C:\Program Files\gs\gs10.00.0\bin;C:\Program Files\gs\gs10.00.0\lib

その後、新規をクリックして「%GS_PATH%」と入力

パソコンを再起動すると、今設定した項目が反映されてInkscapeを起動するとEPS形式のファイルを読み込めるようになります。

-ツール, ブログ