BEMANIPRO LEAGUE シーズン2終了

2022-10-30

ビートマニアのプロリーグシーズン2が2022年10月15日ファイナルを終えました。優勝はROUND1

レギュラーステージ、クォーターファイナル、セミファイナルの計32試合。を勝ち抜いた2チームでの決勝となりました

https://p.eagate.573.jp/game/bpl/season2/2dx/ranking/index.html より引用

■大会ルール
URL: https://p.eagate.573.jp/game/bpl/season2/about/regulation.html

決勝はレジャーランド VS Round1 YouTubeでその激闘を見ることができます

BEMANI PRO LEAGUEとは

BEMANI PRO LEAGUEはKONAMIが主催する「esports×音楽」の新感覚エンタテインメント。参加選手は全員プロとしてチームに所属します。

Beatmania ⅡDXシリーズ

「beatmania IIDX」シリーズは、1999年に稼動を開始したBEMANIシリーズを代表する音楽ゲームです。ゲームセンターでは目立つ位置にあるので目にした方も多いと思います。
7つの鍵盤と1つのターンテーブルをリズムにあわせて操作するDJシミュレーションゲームです。打鍵感、筐体との一体感が魅力だと思います。

ファンとして思うこと

Beatmaniaシリーズは今では家庭でプレイするにはbeatmania IIDX INFINITASでプレイする必要があります。

家庭用はPS2が最後です。古くは自分が保有していたソフトは軒並みプレミア価格となっている状況です。

プレイ環境を整えるのが難しい

ゲーセンが近くになかったり、自分の時間に練習したいとなるとなかなか大変です。さらに、コントローラーの入手が困難となっていることが問題です。

自分もまたプレイしたいなあと思っていましたが、環境構築がなかなか厄介そうです。

公式ではコントローラー2つのモデルが現在発売がとまっていて、また人気がでれば発売されそうですがおそらく受注生産のように大量には出て来ない感じです。

beatmania IIDX 専用コントローラ プロフェッショナルモデル

【再販】beatmania IIDX 専用コントローラ エントリーモデル

中古で値段が上がっている状況です。

大会ルールは苦労したんだろうなと感じました

Beatmaniaはプロ選手全員とんでもなく上手いのですが、究極的にいうとハイスコア勝負。ノーツに対する精度が一番高い選手が上手いです。

今大会だとU*TAKA選手は結局最後まで全勝でした。Beatmania ⅡDXシリーズにおいて上位選手はかなり成績が安定しているのも事実です。

楽曲も増えて実に様々なジャンルがありますが、鍵盤曲かスクラッチ曲、ソフラン曲のバランスで決まっているのが昔から変わっていないと思います。

前シーズンの優勝貢献のDOLCE.選手は今シーズン参加しておりませんでした。

灼熱Beach Side BunnyでDOLCE.選手が1曲で優勝を決めるというのはKACの頃からあり、エキスパートスコアでやるとノーツの多い楽曲で勝負が決まってしまう。そこで、アリーナルールができて以後KACは非常に上手くいっていたと思います。

今シーズンのプロリーグも大変楽しませていただきました。曲難易度を下げると僅差の勝負が増えるので緊張感は非常に高かったと思います。

ルール上、同じ楽曲を2回できないところとストラテジーカードが強すぎるように感じました。

ストラテジーカードよりはBANを導入して武器曲がお互いに使えないかもという読みあいがあっても良かったように思います。

全体的に競った方が盛り上がったので来シーズンも楽しみです。

各リンク

『BEMANI PRO LEAGUE -SEASON 2-』公式サイト

URL: http://konami.jp/34gFN1f

「BEMANI PRO LEAGUE」公式YouTubeチャンネル
URL: https://konami.jp/3nGpHaF
「BEMANI PRO LEAGUE」公式Twitter
URL: https://twitter.com/BemaniProLeague

Beatmania soundtrack

beatmania IIDX 29 CastHour ORIGINAL SOUNDTRACK

-Game