作業効率

楽天モバイル月額0円廃止(1GB)を受けて検討したこと

2022-05-14

先日から楽天モバイル月額0円プラン廃止のニュースが飛び交っています。なんとなくネガティブな印象に思います。

ニュースとしては

「法に触れるから月額0円をやめた」わけではない 楽天モバイルが電通法を持ち出した理由とは

楽天モバイル「0円」終了。7月からは最低1078円

楽天モバイルの料金プラン変更

これまで

月間1GB 無料

1-3GB  980、3-20GB 1980、20GB 2980円/月

7月からのRakuten UN-LIMIT Ⅶ

0-3GB 980、3-20GB 1980、 20GB 2980円/月

というわけで1GB未満が980円となったわけです。

上限は変わっていないようなのですぐさまに解約ラッシュとなるかはわかりませんが、もう少し1GB未満が課金となる影響を見てみましょう。

楽天モバイル解約ラッシュ??

楽天モバイル解約がTwitterでトレンド入りする事態に 関連記事

povo2.0はこちら povo2.0への申し込みが急増しているようです 関連記事


既存のUN-LIMIT Ⅵユーザーは自動移行

4ヶ月間は移行期間として、1GB以下の利用でもポイントを付与することで実質0円となります。今後は楽天グループでのポイント付与率向上などが予定されています。

よくみると付与ポイントが期間限定ポイントだったりするのが気になるところです。

データ通信量1GBの目安

そもそも通信量1GBでどれくらいのことができるんでしょうか?

メール送受信だと 2090通(でも、添付ファイルなどで変わります)

ニュースサイトの閲覧 3490ページ 1日あたり116.5ページ

インターネット動画 4MB/1分の中画質 で約4.5時間

と以上のように単発で使用量に気をつけてWifiを併用すればなんとか1GBで運用継続できます。SNSもやって、動画も見てって使用量が増えていくとあっという間に無制限プランか基本Wifiでの使用ということになりますね。

基本的にはWifi接続で、電話としての利用を最低限に通信費を抑えておきたい方も1GB未満0円の利用対象だったと思います。

携帯番号を別に取得したい、サブ回線として月額0円で維持したいという方は今回の料金プラン見直しで変更を検討する事態になったと考えられます。

基本料金0円はpovo2.0が移行先としては有力か

今後この基本料金0円のところは一定のサービスが続くのか無くなるのかポイントになりそうですね。povo2.0はこちらです

楽天エリア内ならUN-LIMITは依然として有力な選択肢



楽天エリア内ならUN-LIMITは有力です。実際、私の生活圏ではWimaxよりも楽天モバイルが機能しています。WiMAXの速度制限が撤廃されたのにもかかわらずです。

>> Broad WiMAXの速度制限が撤廃されたが楽天モバイルを継続している話|実際に速度測定

生活圏が楽天エリア外なら契約する意義は低い

私としては新規申し込みキャンペーンの利用狙い、またはUN-LIMTⅦのキャンペーンを狙うのがオススメです。

WiMAXと違って無料お試しが無いのですが、キャンペーンのポイント還元と解約無料を駆使すれば実質無料かちょいプラスで運用できます。

実際に使ってみて、判断されるのが間違いが無いです。

私は下のWifiにSimを差してつかっていますが今のところ快適です。


-作業効率