Ankerのモバイルバッテリー発火事象で自主回収へ

本ページはプロモーションが含まれています

 Ankerのモバイルバッテリー「Anker 535 Power Bank (PowerCore 20000)」の自主回収・返品を始めた。日本国外で同製品の発火報告が数件あったことから、世界規模で自主回収する。製造販売はすでに停止している。

国内での発火は発生していないとアンカージャパンより発表されています

「Anker 535 Power Bank (PowerCore 20000)」に関するお詫びと回収のお知らせ

問題の原因

Anker535Power Bank固有の設計および製造過程の不備により発生した事象のため、他のAnker製品では問題の再現性はないとのことです。

製造過程において、温度検知をするための部品 (NTCサーミスタ) の接着剤が完全に硬化しきる前に本体の組み立てを行ってしまったため、電池セルと外装ケースの間にNTCサーミスタが挟まれてしまい、固定位置のずれが起こりえる状況が発生。他の弊社製品と異なり、NTCサーミスタの配置が背面のため、適切な位置からのずれが起こりやすく、目視での網羅的な検品が不十分であった一部個体において、内部短絡が起こりえる状態で出荷がなされた。

「Anker 535 Power Bank (PowerCore 20000)」に関するお詫びと回収のお知らせ

製品回収および返金手続きは以下

【オンライン受付 (24時間) 】
https://www.ankerjapan.com/pages/a1366-support

【電話受付】
0120-567-845 (フリーダイヤル / 平日 9:00-17:00)

  • この記事を書いた人

drーharv

こんにちは、Dr. Harv です。専門医としてのキャリアを積む一方で、資産運用、副業、ポイ活にも取り組んでいます。 このブログ「dr-harv.com」では、日々の日常、投資の知見、趣味など幅広いトピックを扱っています。より良い未来につながることをコンセプトにしています。読者の皆様にとって何か役立つ情報を提供できれば幸甚です。

-雑記