信用二階建て【信用取引】

ダブルスコープで話題になった信用二階建てですが、これは銘柄関係ありません。

グロース投資で信用二階建てしてても吹き飛びますし、景気敏感株、仕手株、個別株と例を挙げればきりがありません。

ハイレバ取引の代名詞となっております。余程の資金力がない限り、とりあえずやめとけというのが結論になります。

信用二階建てとは

信用二階建てとは

信用取引の保証金として現金ではなく、保有している現物株を担保に、同じ銘柄を買うことを言います。

信用取引ではだいたい3倍の資金で株を購入できます。

担保については現物株の担保(代用有価証券)は時価の8掛けで評価されます。

株価3000円のA株300株を担保にした場合は、

3000円×300株×80%=72万円の 担保価値。 300株購入では90万円の現物となりますね。

信用取引は投資金額の30%の保証金が必要になります。

今担保72万円なので、信用取引は240万までいけます(72/0.3)

A株を800株(3000円×800株)購入できます。

全力信用二階建てでは、現物300株、信用取引で800株の計1100株投資。資金は90万円で330万円分の現物株相当に投資できます。

当然、株価が上がった際は100円増えたら、+11万、1000円で+110万円

というわけで上がり調子の強い株では全力信用二階建てが増えます。少額資金でも 数百~千万増えることは珍しくないからです。

それでは、値下がりの場合

上述の通り増える分には利確さえいれてしまえば問題ないわけです。

下落の場合が問題となります。

ここで重要なポイントは保証金の維持率が問題になってきます。

保証金の維持率20%を割ると(証券会社毎に異なります)、追証となり

保証金不足となります。追加資金をいれないと信用取引の強制決済が行われてしまい損失が確定してしまいます。

先ほどの例だとA株が2000円まで値下がりした場合。

担保価値が48万。信用取引の含み損は80万。差し引き-32万

信用取引の建玉の保証金維持率20%=32万

保証金維持率をするために追加入金や損切りが必要になるので、途端に資金繰りが苦しくなります。

さらに下落して1000円に下がった場合

信用取引の損は -160万、現物は30万(-60万)となり、元々あった90万の資金が全て無くなってしまいます。

例えば、上記の例でしたが

3000→1000円程度の下落は無いわけでは無いですよね。さらに、人気銘柄で大きく乖離して上昇している株で二階建て失敗すると

資金がピンチになることは知っておいた方が良いと思います。

ストップ安、強制決済となると損切りしたくてもできないことがあるので、信用二階建ては回避しておくことが無難です。

-市況