楽天キャッシュ決済で投資信託を積み立てすると楽天カード+楽天キャッシュで最大10万円までポイント還元対象に

2022-06-25

2022年6月19日より、投信積立の決済方法として「楽天キャッシュ決済」が可能となりました。

楽天カードクレジット決済と合わせて、楽天キャッシュ決済分を含めると最大10万円がポイント還元の対象となります。

貯まった楽天ポイントは再度投資に使えますし、買い物などにも利用できます。

楽天キャッシュを積み立てるメリットを紹介し、楽天キャッシュの投資信託積み立てキャンペーンを紹介します。

楽天カードクレジット決済、楽天キャッシュ決済が積み立て可能に

毎月最大10万円まで積み立て可能になっていますね

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/fund/cash/ より引用

楽天キャッシュの積み立てメリットは?

楽天カードからチャージ0.5%還元、積立指定日を毎月1-28日に選択可能、楽天カードクレジット決済と合わせれば最大10万円まで積立て可能になります。

楽天カードクレジット決済のポイント還元率が低下しているので、楽天キャッシュの還元率が明らかにおトクな状況になっています。

楽天キャッシュより引用

2022年中は楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン

2022年中は最大で合計1%ですが、インデックス積み立ての方は0.6%になります

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/fund/cash/ より引用

ポイント還元率1%だと、500円相当(月)

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/fund/cash/ より引用

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/fund/cash/ より引用

インデックスファンドで運用すると毎回600ポイント還元ということで有り難いです。

アクティブファンドなどは還元率が高く最大で月1000円まで還元を受けることができます。

問題は、このサービスがいつまで続くかですが、ポイント還元によりリターンを確実に上げることができるので長期積み立て派には有り難いサービスです。

楽天カードから楽天キャッシュ決済の積み立て変更は忘れずに

どちらかで積み立てを行っている方の場合、楽天カード→楽天キャッシュ積み立てに変更が可能です。

支払う額は変わらないのですが、楽天キャッシュ決済だと還元ポイントが最大1%に対して、

楽天クレジット決済の場合でファンドの手数料が年率0.4%未満のほとんどの投信は0.2%ポイント還元となってしまうからです。

楽天カードと楽天キャッシュ満額積み立ての方は関係ありませんが、どちらかで積み立てる方は楽天キャッシュ決済に変更しておいた方がおトクです。

証券口座をお持ちの方は、ログインすると楽天証券から案内がくるので設定することができます。

クレジットカードから楽天キャッシュへの変更はすぐできます

楽天カードはポイントサイトモッピー経由での作成がおトク

楽天カードはポイントサイトモッピー経由がオトクです。楽天カードの特典以外に、モッピーからポイントが貰えます。こちらの記事も参考いただければ幸いです。

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!

楽天カード作成はモッピー経由がおトク【7年ぶり最大22000円相当】

-ポイ活, 資産運用