外付けディスプレイを使ってデータ編集や作業時の効率を上げる

2022-02-12

作業効率を手っ取り早くあげたいというとき、外付けディスプレイを使うと作業効率、生産が高まります。

ラップトップだけでは画面が小さいし、また姿勢も悪くなりがちです。

研究活動の際、外付けディスプレイは必須といって良いでしょう。エクセルやパワーポイントの作業など画面は大きい方が良いですね。

外付けディスプレイのサイズ

21インチ

iiyama XU2292HS-B1A(21.5型/IPS方式ノングレア非光沢/広視野角/フレームレス/ティルト/1920x1080/DP,HDMI,D-Sub)

価格 25000


お手頃ではあります。ちょっと小さいかなっていうのが気になって、だんだん大きなサイズが気になってきます。

24インチ

わたしは家では、普段このサイズを家で使っています。縦と横を切り替えるタイプのモニターなら縦置きでA4文書原寸表示ができます。

iiyama モニター ディスプレイ 23.8インチ XB2481HSU-B4D(フルHD/AMVA/DisplayPort,HDMI,D-sub 全ケーブル付/昇降・ピボット機能)

価格 22991


EIZO FlexScan EV2495-BK (24.1型/1920×1200/フレームレスモニター/アンチグレアIPS/疲れ目軽減/ブラック)価格 63627


私はFlexScanを使っています。画面の色も美しく目が疲れにくいのが気に入っています。

27インチ

机のサイズが許せばこちらですね。資料をみながらする仕事の際はこちらのサイズの方が明らかにやりやすいです。このサイズより大きくなってくると体から距離を離さないと頭が疲れますので、デスクスペースや環境構築も重要になります。

iiyama モニター ディスプレイ XUB2792HSU-B1D(27型/IPS方式/3辺フレームレス/広視野角/非光沢/昇降/ピボット/スィーベル/1920x1080/DP,HDMI,D-Sub)


27インチだけど 28999 3万以下で環境構築ができてコストパフォーマンスが良いです。

EIZO FlexScan 27.0インチ ディスプレイモニター (4K UHD/IPSパネル/ノングレア/ブラック/USB Type-C搭載/&無輝点保証) EV2785-BK


EIZOのFlexScanは欲しいですが、1枚 100909円でちょっと高いですね。でも後悔はしないんじゃないかな。

ディスプレイの選定で気をつけること

適切なサイズを選ぶ

実際に作業する段になって、小さすぎず大きすぎないサイズが重要です

目が疲れにくいものを選ぶ

ノングレア、ブルーライト軽減などです

高さや角度が調節できるものを選ぶ

マウスはトラックボール型だと手首を動かさなくてすみます



-ツール