NISA口座での株主優待株を考える

本ページはプロモーションが含まれています

NISAで株主優待が受けられるか気になる方もいると思います

つみたてNISAでは投資信託投資なので、個別株投資ができません。

新NISAでは成長投資枠のところで個別株投資が可能であり、株主優待を受けることができます

最近では、長期保有で株主優待がよりおトクになる銘柄が増えてきています。

一方で、成長株では株主優待が無いことが普通です

今回は、長期保有で株主優待がおトクになる銘柄を紹介します。運用については、成長性などを考慮してNISA口座か特定口座で運用を考えていくのが面白いと思います。

金融庁資料より引用
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/index.html

長期保有でよりおトクになる優待銘柄

保有期間は1年、3年などがありますが3年保有は難しいという方もおられると思うので1年以内を条件に検討してみました

サイゼリヤ(7581)

イタリア料理のチェーン店。インフレが進む中、値上げをおこなわずにリーズナブルな価格で頑張っています。ミラノ風ドリアは1度は食したことがある方も多いのでは無いでしょうか。

予想1株配当18円優待の価値2,000円相当
予想配当利回り0.48%優待利回り0.53%
株価3,730円優待の最低取得額373,000円

100株以上を継続保有

100株以上2,000円分(500円券×4枚)
500株以上10,000円分(500円券×20枚)
1,000株以上20,000円分(500円券×40枚)

※割当条件:前年の8月末日から当年の8月末日までの1年間、100株以上を継続保有。

トリドールホールディングス(3397)

丸亀製麺などを展開するトリドールホールディングスです。

他の金券、割引券、クーポンとの併用は可能。釣り銭はでないです。

予想1株配当7.5円優待の価値3,000円相当 (×年2回)
予想配当利回り0.24%優待利回り1.94%
株価3,080円優待の最低取得額308,000円

100株3,000円相当 100円優待券30枚
200株4,000円相当 100円優待券40枚
1,000株10,000円相当 100円優待券100枚
2,000株15,000円相当 100円優待券150枚
年2回

200株を継続保有1年以上で3000円相当が追加

丸亀製麺以外にも様々な店舗で優待が利用できます。くわしくは企業ページ株主優待についてを参照ください。

ビックカメラ(3048)

家電量販店のビックカメラは商品券がもらえます。電化製品以外に食べ物などにも使えます

インターネット通販、通販サイトでも利用可能です。くわしくはビックカメラの株主優待ページを参考いただければ幸いです。

待制度基準日所有株式数
100株
以上
500株
未満
500株
以上
1,000株
未満
1,000株
以上
10,000株
未満
10,000株
以上
所有株式数
に応じた株主優待制度
2月末日2,000円
(2枚)
3,000円
(3枚)
5,000円
(5枚)
25,000円
(25枚)
8月末日1,000円
(1枚)
2,000円
(2枚)
5,000円
(5枚)
25,000円
(25枚)
保有期間
に応じた株主優待制度
8月末日1年以上2年未満継続保有(100株以上)
※半期ベースの株主名簿に連続3・4回記録
1,000円
(1枚)
2年以上継続保有(100株以上)
※半期ベースの株主名簿に連続5回記録
2,000円
(2枚)
ビックカメラの株主優待

1年の継続保有で1000円、2年以上継続保有で2000円の優待がもらえます。100株以上から対象なのが嬉しいですね。

モノタロウ

モノタロウは工場・工事用間接資材をネット販売、日用品、オフィス品なども扱う小売業です。半年以上保有で株主優待の対象になります。モノタロウブランド商品をもらえます。日用品、オフィス品もあるので金額が増えても使いみちに困ることはありません。優待金額は株式の継続期間に応じて増えていきます。

継続保有期間優待額
半年以上3,000円(税抜)
3年以上5,000円(税抜)
5年以上7,000円(税抜)

モノタロウは長期保有中ですので、こちらの記事も参考いただければ幸いです。

3年以上の長期保有優待も魅力

他にも3年保有で長期保有という銘柄も多いですから狙い目ですね。例えば、学研は

株式継続保有期間3年以上で400株1000円相当、1200株2000円相当の図書カードが貰える長期保有優待があります。

ヒューリックの株主優待はカタログギフトが3000円→6000円にアップするので人気があります。

NISAでの株主優待についての考え方

優待銘柄は優待改悪などで大きく値段を下げるので、注意は必要です

成長株枠を利用してトレードしたいので塩漬けはできればしたくないですよね。企業業績が安定しているものはホールド考慮としても、長期保有しづらい景気敏感株などの場合は特定口座での運用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

drーharv

こんにちは、Dr. Harv です。専門医としてのキャリアを積む一方で、資産運用、副業、ポイ活にも取り組んでいます。 このブログ「dr-harv.com」では、日々の日常、投資の知見、趣味など幅広いトピックを扱っています。より良い未来につながることをコンセプトにしています。読者の皆様にとって何か役立つ情報を提供できれば幸甚です。

-NISA, 株主優待