ChatGPTの文字数制限をクリアする方法

本ページはプロモーションが含まれています

ChatGPTの文字数制限に悩んでいる方に、解決策を紹介します。ChatGPTの文字数制限を突破するための具体的な手順を学びます。テキスト分割のプロンプトの作り方や、ChatGPTに入力を理解してもらうテクニックなどを今回、紹介したいと思います。

ChatGPTの文字数制限とその解決方法

ChatGPTには文字数制限があり、現状のところ2048文字です。

しかし、実は解決法があります。分割プロンプトの使用をマスターすることで、この制限を突破できます。

実際のところ文字数ではなく、トークン管理となっているので、きっちり2048文字ではなくオーバーしても受け付けてくれることが多いです。

ChatGPTからのヒント:テキスト分割

AI自体がヒントを教えてくれることに驚いてしまいます。テキストを分割ですが、前後の文脈を明示する必要があります。

分割!!とは

テキスト分割に対応するプロンプト作成ガイド

テキストを分割するためには、導入プロンプトと分割プロンプトの2種類が必要です。ここでは、それぞれのプロンプトをどのように作成し、どのように使用するのかについて詳しく説明します。

前後の文脈を明示する必要があります。

例えば、前半のテキストの最後に「続きは後半で」というようなメッセージを挿入し、後半のテキストの冒頭に「前半はこちら」というメッセージを入れる。または、分割したテキストそれぞれに、前後の文脈を説明するサマリーを付ける。
プロンプト(ChatGPTへの指示文章)を与える必要があります。

入力分割をChatGPTに理解してもらう

この方法では以下の二種類のプロンプトが必要です。

導入プロンプト

これからブログ記事を複数に分割して渡しますので、その内容について作業を行います。

私が「リライトして下さい」というまでは、作業を始めないでください。
代わりに「次の入力を待っています」とだけ出力してください。
わかりましたか?

これで成功です。

分割プロンプト

${入力文章}

上記の文章は全体の一部です。まだまとめないでください

テキストを複数に分割する旨を伝えるのと、特定の指示文を指定します。

最後に、入力を終えたところでこれで全てです。リライトして下さいとプロンプトを入力します。

すると、ChatGPTから以上の内容でリライトしてよろしいでしょうか?といったような確認がきますので

作業に指示を与えることができます。

出力の制限とその対策

入力は今回紹介した方法で対応できます。出力の分割は現状では対応していないため、この方法は入力に関する制限のみを解消します。ChatGPTはプロンプト次第で様々な使い方ができるので、プロンプトには習熟が重要です。

以上が、ChatGPTの文字数制限を突破するためのガイドです。参考にして、より効果的なChatGPTの使用を実現してください。さらに詳しい情報をお探しの場合は、ChatGPTテクニックの関連記事をご覧ください。トークンの圧縮記事についてもご覧いただければ幸いです。

  • この記事を書いた人

drーharv

こんにちは、Dr. Harv です。専門医としてのキャリアを積む一方で、資産運用、副業、ポイ活にも取り組んでいます。 このブログ「dr-harv.com」では、日々の日常、投資の知見、趣味など幅広いトピックを扱っています。より良い未来につながることをコンセプトにしています。読者の皆様にとって何か役立つ情報を提供できれば幸甚です。

-ツール