QYLDとQQQ比較ー高配当をとるか高成長をとるか

QYLDとQQQ。どちらもナスダック100指数に投資する人気ETFです。

個人的な意見はQQQを推します。ナスダックは成長があってこそ。高金利時代も続きますが、成長でカバーできればという話です。

リターン比較は単純にQQQの方が大きい

低金利の金融緩和化ではQQQ>QYLDとなります。

ただし、この過程においてはQYLDは高配当が確保されているので、ホルダーは皆満足だったハズです。

QQQのリターンが大きいので、こっちの方が良いかなあと思うところです。ただし含み益が現在は萎んでしまうので

購入タイミング、利確タイミングに依るというのも事実。

経費率比較

QQQ 年率 0.20%に対してQYLD 0.60%。運用額、運用期間が長くなるについて差がだんだんついてくるところです。

ちなみにVOOとVTIは0.03%です。。。(別にこれでよくない?)

  • この記事を書いた人

drーharv

マイペース勤務医。コロナ禍で今までのキャリアパスも通用しなくなっており稼ぐ手段を模索。様々な運用、副業などを試しています。医師生活、子育て、趣味などについても書き連ねています。何か参考になるものがありましたら幸甚です。

-資産運用