SSD換装でPCの容量を2TBに【SSD換装手順を紹介】

2022-12-18

ノートPCは数年前に1TBに容量を増やしたんですが、いろいろ作業をしているうちにSSDの容量が足りなくなってきてしまい、

今回2TBにSSD換装を行い容量を増やしました。

HDD,SSDの調子が悪くなってきたときも同じ手順でリフレッシュすることができます。

手順は簡単なので、紹介します。Windowsでの手順になります。

OS、パーティションの設定、アプリの設定などそのまま持ち越しして使用する方法としてクローン作成があります。

アプリケーションも多く、クリーンインストールからは厳しいケースも多いのでクローン作成がオススメです。

SSD換装手順

SSDの換装手順は以下のステップで行うことができます。

SSD換装手順

  • SSDを購入
  • SSDをntfsにフォーマット
  • 今使っているPCのデータのクローン作成(OS毎)
  • PCのSSDを交換
    • SSDからPCを起動

    SSDを購入

    今回は2TBのSSDに換装しました。比較的手頃な価格帯としてCrucialのSSDをチョイスしています。4TBもありますけど、まだちょっと高いですね。

    SSDをフォーマット

    購入したSSDは外付けケースで接続ができます。外付けケースを使ってストレージとしても使うことができます。

    こちらのM.2外付けケースはネジが不要なので取り扱いが簡単です。

    購入したSSDを外付けケースにいれてPCに接続しても、まだ認識されません。次のステップで認識できるようになります。

    SSDを認識するためにSSDのフォーマットを行います。

    SSDフォーマット手順

    1. スタートボタンを右クリック
    2. 「ディスクの管理」を左クリック
    3. 「フォーマット」を左クリック

    今回は、SP PD60 SCSI Disk Deviceが購入したSSDなので、こちらをntfs形式にフォーマットをおこなって下さい。

    これでSSDが認識されるようになって準備完了です。フォーマット自体は数分で完了します。

    今使っているPCのデータのクローン作成(OS毎)

    ここで外付けSSDに今、使用しているPCのデータをまるごとコピーします。

    通常のデータバックアップのファイルコピーではOS毎データをコピーするすることができません。

    設定毎データをコピーする場合はクローンを作ります。

    EaseUS Todo Backup を使いました。

    有料版も30日間のフリートライアルがあるので、1回目の換装を無料で行うことができますよ。

    EaseUs Todo Backupの有償版では、パーティション毎クローンができるので非常に便利です。

    複数のドライブを使用していても問題ありません。

    クローンを作成します。ここは時間が結構かかります。数時間程度かかります。

    PCのSSDを交換する

    ここでPCのSSDを交換します。はじめは不安に思いますが、心配ありません。最悪、戻せば大丈夫です。

    PCの中身を入れ替えるので精密ドライバーなどを用います。

    SSDを入れ替えて、起動します。必要に応じてBIOS画面から起動ディスクを選びます。

    特別な状況をのぞけば、起動ディスクはSSDになっていると思うので普通に起動すればOKです。

    追加ボリュームのGが約900GBで合計2TBとなりました。

    SSD換装完了

    まとめ

    SSDの換装手順を紹介しました。クローンを利用する方法が簡単なので、オススメです。

    • この記事を書いた人

    drーharv

    マイペース勤務医。コロナ禍で今までのキャリアパスも通用しなくなっており稼ぐ手段を模索。様々な運用、副業などを試しています。医師生活、子育て、趣味などについても書き連ねています。何か参考になるものがありましたら幸甚です。

    -ツール