仮想通貨

カルダノ(ADA)のハードフォーク(Vasil)について

当ブログでも扱っているカルダノ(ADA)のハードフォーク(Vasil)が日本時間の

2022年9月23日に予定されています

ハードフォーク(Vasil)の内容

CIP-31:Reference inputs
新しい種類のトランザクション入力、リファレンス入力の導入

CIP-32:Inline datums
トランザクション出力の変更

CIP-33:Reference scripts
リファレンススクリプトを含むオプションフィールドでのトランザクション出力を拡張

CIP-40:Collateral Output
トランザクション検証の改善

CIP-42:New Plutus built-in serialiseData
全体的なメモリとCPUのコストを削減

とういうUpdate予定となっています。

詳細はCardano’s approaching Vasil upgrade: what to expect 外部リンク

ハードフォークの目的

スケーリングと、ネットワークおよび台帳の最適化

ハードフォークに伴いサービス一時停止に

多くの取引所からお知らせがあったと思いますが、ハードフォークに伴い取り扱いサービスが一時停止になります。

ハードフォークではブロックチェーンの分岐などがおこりますが、今回のVasilでは新暗号資産が生まれるという話にはなっていません。

アップデートという理解でよさそうです。

現在、ADAはハードフォーク期待で値上がりしており、投機的な動きも考えられます。ハードフォーク後に売り抜ける動きも予想されることからハードフォーク前後では値動きが大きくなり安い可能性があります。

ADA関連記事

-仮想通貨