オプション戦略 オプション研究 トレード

2022年9月限リバースコールカレンダー

9月限はSQ値が比較的高い28000円を超えて決着。

MSQの思惑がいろいろとありました。今回は、ガンマを狙ったトレード、リバースコールカレンダーを仕掛けました。

リバースコールカレンダー

9/6 10C28500@205 売り×1

   9C28500@9   買い×5

グリークスのメモを残しておかず、すみません。以上のようにリバースコールカレンダーをたてました。動かなかったら損するので、なかなか大きなサイズで組成する気がしないのですが、このあたりは経験かなあと思います。

先物は27700あたりで組成。

狙いは28000越えか27000割れのガンマトレードです。オプション手口などを見る限り上っぽい雰囲気もありますが下の仕掛けがあっても良いだろうという狙いです。どっちでも勝てますが、値幅がでるのが理想。

その後の経過

9/6ナイトではアメリカ市場が開いたところで200円幅の先物下落いってこいがありました。ここで利確できればよかったのですがリバが早く反応できず。

9/7 朝に寄り後下落。27000円近くまで下がってくれて無事に利確できました。

10C28500@140 買い戻し×1 

9C28500@4 売り×5 

Profit 60-25=35

27000からはリバを予想していたのでCallの買い玉を引っ張りましたが、翌日600円の大幅上昇があり、そこまで引っ張れば買い玉はなんと同値まで戻っていました。SQは28250円付近で決着なので27000の底から再度ガンマロングを狙ってもよかったですね。リバースプットカレンダーを27000あたりで仕込むのも良かったようです。私は期近プットを少し売るぐらいでしたが、大胆なポジション調整は勇気がいりますね。

リバースコールカレンダーの注意

ガンマロングを狙うスプレッドなので、動けば良いですがセータが損なので利確が遅れると急激に萎んでしまいます。いってこいもせっかくの利益が逃げていきます。SQ週は機関投資家の思惑がでやすいのでガンマトレードが狙いやすいのがありますね。エントリー時の引きつけと、Exitのポイントの見極めはいつも気を揉みます。

-オプション戦略, オプション研究, トレード