オプション戦略 オプション研究

放置系オプションスプレッド特集

2022-08-09

放置系オプションはアイアンコンドルが有名だが、かなりマゾい展開になる。

アイアンコンドルで勝てるときは先物がレンジの真ん中でウロウロするときだから、

そんなときはショーストでもカバードコールでもカバードプットでも良い。いわゆる放置系オプションスプレッドというのはガンマショート、ベガショートでセータプラス。になります。オプションの売りで構成されます。ヘッジは先物や買い玉を組み合わせるという話。

放置系オプションスプレッドの損失リスクにもあとで目を向けてみます

放置系オプションスプレッド

セータプラス、ガンマショート、ベガショート。ガンマショートは常にベガショートなのでベガリスクを負います。IVが高いところから低くなっていくときが最高のタイミングになります。また、ガンマショートについては動くと損するので相場が大きく動かないという見通しが必要です。相場の上げ下げとは別の見通しで、もみ合って動かないかどうかの見通しが必要です。なので、それなりに相場の見通しが必要と思います。

放置系オプションスプレッドのリスクは?

基本的に、セータプラス、ガンマショート、ベガショートポジションが放置系とされると思います。

SQ抜ければ給料日。でも、セータとガンマは表裏一体なので相場の急変動に弱いです。

残存が短くなるとガンマショートはガンマが増大するというオプション特性を持ちます。そのため含み益を持つが変動で吹っ飛ぶという状態になります。というわけで相場の急変動は放置系にはうまくない。私もガンマショート状態で変動を喰らって何度も痛い目にあっています。

相場変動に耐性を持たせる

それでは相場変動に耐性を持たせるにはガンマショートを軽減,またはフラット、微ロングにすれば良いということになります

方法は売り玉を買い戻す。買い玉をヘッジでいれる。

ネイキッドの売りではなく、外に買い玉を足しておいてバックスプレッドの形にしておく。

カレンダースプレッド(期先の買い玉をいれるセータプラス、ベガロング(見かけ上)、ガンマ軽減)となります。

個人的にはカレンダースプレッドは低ガンマのため1000円ぐらい動いても損益は全然耐えるので、

まずはカレンダースプレッドをオススメします。

カレンダースプレッドの場合は期近と期先のIVの関係もあるのでエントリータイミングなどをよく見てから行えば、かなり重宝するスプレッドだと思います。カレンダースプレッドが一番放置系のイメージに近いです。

一方で、レシオスプレッドはガンマショートがかなり大きいので相場が大きく動いているところではガンマベガショートを狙えるタイミング以外は要注意です。他のベガショートであるカバードコール、カバードプットも同様です。

ガンマショートポジションは逆行したときにガンマが増大するリスクをもっており被害がさらに増えます。なので外側のクズオプションをある程度買っておくことでヘッジになり、大変動時は利益になることすらあります。

また、ストライクに応じてIVの動き盛り剥げや応答が異なるので鞘が抜けるタイミングでポジションをとることがエッジに繋がります。

放置系は放置しない方が良い

真面目な話、放置系オプションスプレッドを文字通り放置するととんでもない損失をだすこともあるので、損切り、利確などの判断は状況で行いSQ持ち込みを前提としないことが肝要に思います。

ボラがある程度剥げたら買い戻して、またチャンスを伺い適宜利確を混ぜていくのもリスクを減らすことになります

GD,GUのリスクをどうとらえるか、ブラックスワンとどう付き合うかなどこの辺りはポジションをどう考えていくかの問題になってきます。

-オプション戦略, オプション研究