オプション戦略アイアンコンドルについて

2022-07-17

オプション戦略として初心者の時にまず、損失限定ということで勉強するアイアンコンドル、クレジットスプレッド

売り玉の外に買い玉をセットする スプレッド。SQ持ち込みが前提のポジション。

利益は売り玉のプレミアムー買い玉のプレミアム 売り玉のプレミアムを買い玉より高い値段で組むことで、この差額が最大利益となる。

で、やってみるわけですが

1セット組んでみると、数万の利益が期待リスクは権利行使額の幅。25万か50万といったところ

5万の最大利益で50万マイナスリスク(基本的に、ファーで組めばインしないんだけど大暴落時は2000-3000円ATMから離していても売り玉がひっかかることはある)

みたいなポジションになることが多いと思う。

だけども、1ヶ月待って1セット5万程度しか儲からないと退屈だし、生活できない。

やがて複数セットを組んだり、ネイキッドの売りを試すようになる。そのうち下落や暴落、暴騰を喰らって反省。みたいな経験をする人も多いと思う。

よくよく考えてみると、損失限定とはいうものの1セットあたり数万の利益で、25万か50万の損失は結構デカい。

今回はアイアンコンドルのSQ持ち込みしないパターンを考えて、回転できないか考えてみる。

アイアンコンドルのグリークスはネイキッドの売りよりはガンマが和らいでいるがガンマショートベガショートポジションなので、IVが高いところから下がっていくタイミング、つまり相場が落ち着いていくタイミングが狙いやすい。イベント通過のタイミングも狙い目といえる。

とはいえ、最近の高VIXではあまりフィットしないポジションではある。さすがに1000円、2000円動かれるとコンドルの設定レンジにかかってしまうことが多いだろう。

アイアンコンドルの変形パターン

アイアンコンドルも外の買い玉を増やせば、それはバックスプレッド。ベガドテン。

利益を確保して、買い玉の方向に先物が走っても損失限定から利益に変えることができるかもしれない。

アイアンコンドルのどちらかの買い玉ヘッジを外すブロークンアイアンコンドル。コールの買いヘッジを外すひとが多いと思う。

プットのクレジットスプレッド+ネイキッドコール売り セータがとれていればコール売り丸取り狙い。

逆行するとリスクは高い。

いろいろと勉強になるが、オプションの重要なところは相場環境やIV状況でエッジ(優位性のあるポジション)をとることができるところ。

アイアンコンドルは損失限定が強調されますが、セータを稼ぎながら時にヘッジを厚くしてプットバックスプレッドに切り替えたりどちらかの買い玉を外すブロークンアイアンコンドルなど多彩な対応ができます。

一度ポジションを構築してしまうと、愛着がわいてホールドしてしまうことも多いと思いますが、柔軟に変えていくという視点は重要だと思います。

アイアンコンドルは売り玉にかかってくると、ガンマ増大で修復が難しい。そのまま耐えるか売り玉を切るか、買い玉を増やすなど調整が必要。

都合良く先物が逆方向にいってくれないと厳しい。

では、どうするか?

売り玉の損切りしかありません。なので、エントリー時にどこで売り玉を切るかを決めておくのが最善です。

アイアンコンドルの扱いが上手い人は、価格の設定がしっかりしていること、資金管理、損切りポイントを決めているなどあると思います。

アイアンコンドルのありがちな失敗 証拠金不足

これは私のミスなので、参考にしていただければと思います。

アイアンコンドルはクレジットスプレッドを両翼 ベガショートではありますが基本的には設定価格レンジが最も重要になります。設定レンジの真ん中で端まで余裕があるとき、そのまま放置してセータを稼ぐプランもあるでしょう。

どちらかのポジションが含み益になっていることもあると思います。

その上で、相場観だったりプット側かコール側のヘッジを外すこともあると思います。買い玉を外した方がそれだけ利益が増えます。または売り玉を利確してリスクを減らす方法もあるでしょう。

注意点として買い玉のヘッジを外してしまうと、証拠金が増えてしまう点があります。特に原資産と近づいているケースは要注意です。証拠金不足では売り玉の積み増しも困難になりますしポジションの調整が著しく不利となり

結局、SQまで何もできずそのまま待つということもおこりえます。

売り玉1枚あたり70-100万の証拠金はみておく必要がありますし、状況によってはさらに増えてしまいます。

そういう意味ではアイアンコンドルのヘッジを外しての運用は資金効率はかなり悪いと覚えておいた方が良いと思います。

-オプション戦略