オプション研究 トレード

リバースカレンダースプレッド|オプション戦略

2022-05-10

今回はリバースカレンダースプレッドです。

期近オプションの買いと、期先オプションの売りで構成されます。

わかりにくいので、損益図などみてみましょう。

リバースカレンダースプレッド

コールを使ったリバースコールカレンダー、プットを使ったリバースプットカレンダーがあります。

簡便にリバースコールを紹介します。

5C27000+3、6C27000-1 デルタフラット、ベガショート、ガンマロング、セータマイナスになります。

リバースコールカレンダーの損益図

デルタフラット、ベガロング、ガンマロング、セータマイナスになります。

ポジション的にはセータマイナスなので先物が動かないと時間で損失がでます。Winパターンはガンマロングを活かした上下どちらでも良いので大きく動けばOKというポジションになります。

先物が上に走ったとき

500円ほど上に走ったとき、損益プラスですね。デルタとガンマを見て下さい。これが源泉になります。セータは敵でとベガは味方になったり敵になったりですが上がる分にはコールは味方になることが多いですね。

先物が下に走ったとき

先物が下に500円走ったときです。損益プラスですね。コールは先物が下げるとIVが上がります。カレンダー系の合成ベガは期近と期先合成になっていますが、期近の方がより影響をうけます。この場合は買いレグのIV↑、期先IV→、↑となるので、まあひどい目には遭わないと思います。

あらためてリバースコールカレンダーのポジション損益図

動かないと損失が徐々に出て、上でも下でも先物が大きく動けばプラスになるというポジションです。

リバースコールカレンダーの仕掛けどころ

5/10の日経先物チャートです

リバース系はガンマロングなので先物が上でも下でも動けば勝てます。

仕掛けどころは期近のオプションが期先よりも相対的にIVが低いとき

要は安く買って、高いものを売る というようなタイミングが1つ。

もう1つは期近の残存が短くベガがあまり重要で無くなってガンマがメインとなるタイミングで

先物が上でも下でも動けば良いというところ。つまりレンジの端っこ、持ち合い形成しているとき等です。

今日だと寄りで先物が下がったときに期近が剥げるタイミングがあったのでコールでもプットでも組成タイミングがありました。

26000円ぐらいで組んでも、25800円ぐらいでも組んでもかなり良いタイミングだったようです。

26300円ぐらいまで上に走ったところで利確できると結構良かったですね。

ガンマロングなのでいってこいでは利益が無くなってしまうのでデルタヘッジを行うなどの工夫は必要ですが。。

他のガンマロング、ベガロング戦略

コールバックスプレッド、プットバックスプレッド

コールバックスプレッド、プットバックスプレッドは別に記事があるので参考にいただければ幸いです。

>> コールバックスプレッドーオプション戦略ー

>> プットバックスプレッドーオプション戦略ー

オプショントレーディングおすすめ本

英語ですが最近読んだ本では一番のお気に入りです。ボラティリティートレードについて詳しく解説しています。


定番ですが、こちらもわかりやすいですね


-オプション研究, トレード